>特集>どれが良い?自社に合ったeラーニングシステムの選び方

どれが良い?自社に合ったeラーニングシステムの選び方

女性

パソコンに対する習熟度は、誰もが同じというわけではありません。操作につまずくことがないよう、eラーニングシステムの画面は使いやすいものがおすすめです。シンプルなデザインであることはもちろん、わかりやすく入力しやすい画面ならマニュアルなども必要なく誰でも進められます。操作画面がよくできているeラーニングシステムなら、楽しく学習に望めるようになり、実施率の向上も期待できます。画像や動画に対応しているかどうかも重要です。テキストにしか対応していないeラーニングシステムでは、出題や解説などに文章しか使うことができません。これでは学習者の理解を妨げてしまう可能性があります。画像などを使えるものなら、視覚的にわかりやすい画面を構成できます。学習者も早く理解できるようになり、習得までに必要な時間短縮を実現できます。

学習状況を管理できる機能も備わったeラーニングシステムならなお便利です。通常の研修用教材では、学習者がどこまで完了したかはわかりません。進捗状況を管理できる機能が備わっていれば、進み具合を確認し、次回以降のセミナーの開催スケジュールを立てるのにも役立ちます。さらに学習者の得点状況を確認できる機能があれば、教材の内容をどこまで把握できているのか一目でわかるようになります。これらの機能は教材の内容について再検討したり、受講者をサポートしたりするのにも役立ちます。この機能は、eラーニングシステムを利用する学習者にとってもメリットがあります。出題の得点率や消化率といったものを視認できるので、学習意欲の向上にも役立つからです。学習者の平均正解率と比較させれば、自分の弱点を発見したり今後取り組むべきジャンルも分かったりします。

複数の人