>特集>気軽に教育したい!そんな時はeラーニングシステムを導入する

気軽に教育したい!そんな時はeラーニングシステムを導入する

男女

eラーニングシステムを導入している企業が非常に増えていますが、eラーニングとはインターネットを使った学習スタイルのこと。Webラーニングともオンライン学習とも呼ばれて来ましたが、近年の特徴的な変化は単なる座学から実習へと移行したことでしょう。国内の企業で爆発的に普及したのは2000年頃で、主に企業内研修のためにシステムが導入されたのが始まり。その後大学や塾といった教育機関が導入を進めましたが、これが店舗などのサービス業に活用されるようになったのが特筆すべき変化です。クラウドが浸透し、誰もがスマートフォンを持つようになった時代、手軽にeラーニングシステムを利用できるようになったことが大きいでしょう。

近年多いのが、外食産業や小売業などに従事するスタッフへ作業や接客などの動作手順を教える教材としてeラーニングシステムが活用される例です。人員を一カ所に集めて教育する必要がなくなり、いつでもどこからでも実習が実施出来るのは、企業にとってとてもコストメリットの大きいことです。正社員だけでなくアルバイトスタッフなどにも手軽に実習が行えるので、現場のサービスレベルを一定化させるのに役立ちますよね。また、単に一方通行の学びではなく、質問やディスカッションといったコミュニケーションツールとしても使えるのは大きな利点。学習を管理するシステムと学習教材は必要ですが、カスタマイズも自由なので独自の教育システムを構築出来ます。データは一元的に管理可能で、据え置きカメラで収録した動画をそのまま教材にすることも可能。近年ブロードバンドが普及し、容量の大きいコンテンツも配信可能となったことも有意に働いています。

婦人